『レンタル救世主』の再放送や無料動画を見る方法!藤井流星のアクションが凄い!

レンタル救世主

『レンタル救世主』は2016年10月に放送された、お人好しな明辺悠五(沢村一樹)が電話一本でレンタルできる「救世主」になるコメディドラマ。

明辺の同僚・葵伝二郎を演じる藤井流星さん(ジャニーズWEST)の、本格アクションでも話題になりましたよね。

そこで、こちらでは

  • 『レンタル救世主』を見逃してしまった!
  • 『レンタル救世主』をタダで見たい!
  • 『レンタル救世主』の再放送はいつ?

という方のために、ドラマ『レンタル救世主』を無料視聴する方法や、オススメの動画配信サービスをご紹介します!

今すぐ『レンタル救世主』を観たい方は、動画配信サービスHuluで視聴できます!

再放送の予定は?
2020年6月現在、『レンタル救世主』の地上波での再放送の予定はありません。ですが、日本テレビ系列の動画配信サービス「Hulu」なら全話まとめて視聴することができます。
\今すぐ見放題動画を無料視聴/

今すぐ無料視聴『レンタル救世主』見逃し配信

ドラマ『レンタル救世主』を全話無料で見る方法

Huluなどの動画配信サービスには、初回お試し無料の期間があります。その無料お試し期間を利用することで、ドラマ『レンタル救世主』をタダで見ることができます。

もちろん、お試し期間内に解約すれば料金は一切かかりません。

違約金もかかりませんし、簡単な手続きで解約することもできます。

気に入ったら契約を継続することもできるので、気軽にお試ししちゃいましょう!

ドラマ『レンタル救世主』を見るならHuluがオススメ!

結論から言うと、『レンタル救世主』を今すぐ見たい方にはHuluがオススメです。

なぜなら、『レンタル救世主』を無料お試し期間にタダで見れるのはHuluだけ!

また、Huluは『ごくせん』や『あなたの番です』といった日本テレビの人気ドラマを多数配信中!『ミスシャーロック』などのHuluオリジナルドラマも充実しています。

しかも、海外ドラマも日本トップクラスの充実度なので、無料期間だけで終わるのはもったいない動画配信サービスです!

『レンタル救世主』が無料視聴できる
\おすすめ動画配信サービス/

配信サービス 配信状況 無料期間と月額 公式サイト
初回2週間無料
1,026円(税込)
Hulu

\今すぐ見放題動画を無料視聴/

Huluには初回2週間の無料お試し期間があります。


  • Huluなら月額1,026円(税込)で6万本以上の動画が見放題!
  • 日テレドラマのhulu限定オリジナルストーリーや続編が充実!
  • huluオリジナルやhuluプレミアなど、オリジナルコンテンツも豊富!
  • huluは海外ドラマが充実!英語字幕にも対応
  • 動画をスマホなどにダウンロードすれば、オフラインでも観れる!

>> Huluのメリットと評判はこちら!

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況はHuluサイトにてご確認ください。

\Huluの解約方法はカンタン!/

※2週間以内に解約すれば完全無料です

ドラマ『レンタル救世主』を見れる動画配信サービス一覧

2020年6月現在、『レンタル救世主』見れる主要な動画配信サービスはHuluのみとなっています。

配信サービス 配信状況 無料期間
Hulu 2週間無料
U-NEXT × 31日間無料
FODプレミアム × 2週間無料
Paravi × 2週間無料
TVer × 放送後1週間
GYAO! × 放送後1週間

※最新の配信状況は各動画配信サービス会社の公式サイトをご確認ください。

\今すぐ見放題動画を無料視聴/

\Huluの解約方法はカンタン!/

Huluの解約手順はこちら

※2週間以内に解約すれば完全無料です
 

ドラマ『レンタル救世主』作品紹介

ドラマ『レンタル救世主』概要

ドラマ『レンタル救世主』は、沢村一樹演じる明辺悠五が電話一本でレンタルできる「救世主」として活躍するドタバタコメディ。

超お人好しの明辺は、同僚に騙され借金を背負った上に解雇に。そんな中見つけた「レンタル救世主」募集の張り紙を見て、明辺は救世主に就職…!

葵伝二郎(藤井流星)をはじめとした個性的な仲間たちと、依頼人の悩みや難事件を全力で解決していきます。

お金で借りれる救世主を描く『レンタル救世主』。第1話から最終回まで、明辺たちのドタバタ活躍劇から目が離せません。

ドラマ『レンタル救世主』あらすじ(全10話)

『レンタル救世主』第1話 あらすじ

明辺悠五(沢村一樹)は、勤めていた会社の元同期に騙されて1億円超えの借金を背負ってしまった。しかも、会社からは詐欺の片棒を担いだと誤解され、クビに。彼は、そのことを家族に言えないでいた。
新しい就職先を見つけなければならない明辺は、ある会社の面接を受ける。その会社の職種は、“レンタル救世主”というものだった。人生崖っぷちの明辺は、面接で自身の悲惨な身の上と家族への愛を訴えて「残りの人生を懸けて御社で働きます!」と宣言。それが社長の黒宇寛太(大杉漣)に気に入られて、採用される。

明辺は黒宇から、レンタル救世主とは一度レンタルされたら依頼者のための救世主となって、どんなことがあっても依頼者を命がけで助ける仕事だと説明される。
明辺が任された初仕事は、誘拐された人質の救出だった。指示された通りに、ある倉庫へ向かった明辺は、2人の人質・百地零子(志田未来)と薫(稲葉友)を発見。薫が犯人の目を盗み、レンタル救世主に助けを求めて電話したのだった。明辺は零子と薫を助けに行こうとするが、犯人に見つかって捕えられてしまう。

明辺たちに危機が迫る中、上空から金髪の男が現れて、ドハデなアクションで誘拐犯たちを倒す。その男は、黒宇の会社に所属するレンタル救世主・葵伝二郎(藤井流星)。2人の人質は無事助け出されるが、明辺は零子から「なんで助けに来たの」と、謎めいた言葉を投げかけられる。
人質になっているのに何故か助けを求めない零子のことが気にかかる明辺。彼は葵とともに、零子のことを調べ始め…。

引用:レンタル救世主

『レンタル救世主』第2話 あらすじ

明辺(沢村一樹)は、黒宇(大杉漣)が経営するレンタル救世主という会社の一員として働き始めた。そんな中、ラジオDJのヒロコ(森カンナ)という依頼人がやってくる。彼女は、自分のラジオ番組のプロデューサー・神保(遠藤章造・ココリコ)がストーカーになり、困っているという。
ヒロコのストーカー撃退作戦に向けて、黒宇はレンタル救世主の面々に仕事を割り振る。
明辺は神保の部屋へ、葵(藤井流星)はヒロコの部屋へと向かう。それぞれの持ち場へ散っていく中、一人だけ待機を命じられる零子(志田未来)。彼女は、他のメンバーに比べて自分には取り柄がないとコンプレックスを感じる。

明辺は、神保の部屋へ忍び込む。すると、部屋にはヒロコを道連れにして死ぬと いう内容の遺書が残されていた。
なんとか葵と共にストーカーの証拠を掴んだ明辺は、神保の部屋から引き揚げようとしたところで警官に見つかり、泥棒と間違えられて留置所に入れられてしまう。翌日、秦野(中村アン)が警察に保釈金を渡して、明辺は釈放。一晩中、明辺の釈放のために奔走した秦野は、明辺に怒りをぶつける。
明辺が帰宅すると、今度は紫乃(稲森いずみ)が明辺の無断外泊に怒っていた。どこで何をしていたのかを正直に言うこともできず、明辺はしどろもどろ。ちょうどその時、秦野から明辺のスマホにメッセージが届く。そのメッセージに気付いた紫乃は、明辺が浮気していると誤解して、さらに激怒。彼女は、自分も夜遊びして朝帰りすると言い出す。

明辺は、飲み会に行っ た紫乃を尾行することに。男友達と楽しそうにしている紫乃を目の当たりにして、ショックを受ける明辺。しかし、自分がまるでストーカー行為をしているようだと自己嫌悪に陥り、途中で引き上げる。
その帰り道、明辺は、今泉(武田真治)という男と出会う。彼は恋人の浮気を疑い、悩んでいた。明辺は、自分と似た悩みを抱える今泉とシンパシーを通わせる。
そんな中、レンタル救世主のオフィスに、またしてもヒロコのストーカーが現れたという連絡が入る。今回の容疑者は先程の今泉という男で…。

引用:レンタル救世主

『レンタル救世主』第3話 あらすじ

陽太(田中奏生)という少年が、レンタル救世主を求めてやってきた。陽太は、父・陽介(甲本雅裕)と二人暮らし。陽介が陽太を連れて夜逃げし、今はビジネスホテルに滞在していた。陽太によると、陽介はあやしげな白い粉を隠し持っているらしい。陽介には、薬物の運び屋をしているのではないかという疑いが。陽太は、父親を助けてほしいと485円の全財産をにぎりしめ明辺悠五(沢村一樹)たちに懇願する。

陽太に同情した明辺は、依頼を引き受けようとする。しかし、黒宇(大杉漣)は、陽太が金を持っていないことを理由に、彼を追い返してしまう。陽太を放っておけない明辺は、他の仕事がない自由な時間に陽太の依頼を受けると主張。
早速、明辺が陽太を助けに行こうとすると、黒宇に別の仕事を入れられてしまう。依頼主は、車椅子の男性・徳田(佐戸井けん太)。横浜の街を観光したいので案内してほしいという依頼だった。明辺は零子(志田未来)とともに、徳田を横浜観光へ連れて行く。徳田は観光もそこそこに、ヨットハーバーの見える場所に留まって景色を眺めていたいと言う。

徳田の付き添いを葵(藤井流星)と交代した明辺は、陽太が泊まっているホテルへ。すると、ロイ(勝地涼)が陽太の面倒を見ていた。父親を心配する陽太の気持ちがよく分かると明辺に語るロイ。彼も、父親との問題を抱えていた。
翌日、明辺は再び徳田の付き添いの仕事へ。葵と零子によると、徳田は前日の場所からずっと離れず、一睡もせずに景色を眺めていたという。徳田の奇妙な様子に零子は、徳田がかつて別れた初恋の人を探しているのではないかと考える。この二つの依頼が後に大きな事件を生み…。

引用:レンタル救世主

『レンタル救世主』第4話 あらすじ

明辺(沢村一樹)の家の隣に住む韮沢(木下隆行・TKO)が、レンタル救世主を雇いたいとやってきた。 韮沢の依頼は、妻の洗脳を解いてほしいということだった。韮沢の妻・清美(櫻井淳子)は、ミスワタナベ(千秋)と名乗る女性が主宰する投資セミナーに大金をつぎ込んでいた。ミスワタナベのセミナーについて調べると、彼女は参加者に儲け話を吹き込んで金を巻き上げる詐欺師と見られた。

洗脳を解除する料金の相場は、100万円だった。韮沢の経済状態は破たん寸前で、それだけの金額は支払えない。しかし、いつも金にシビアな黒宇(大杉漣)が、5万円で引き受けると言い出す。黒宇は、ミスワタナベの投資セミナーの内部に潜入して、セミナー自体を潰すと張り切る。
明辺は、韮沢の仕事を受けた黒宇に猛抗議。隣人の韮沢に自分がレンタル救世主をやっていると知られれば、紫乃(稲森いずみ)に会社を辞めたことがバレてしまうからだ。そんな明辺をロイ(勝地涼)が「韮沢さんの案件を見事に解決すれば、レンタル救世主の仕事を奥さんに認めてもらえるかもしれない」と説得。明辺は、すっかりその気になる。

明辺は、葵(藤井流星)、零子(志田未来)とともに、投資セミナーに通う清美を尾行。セミナーに参加できるのは主婦限定で、零子が23歳の母という設定で潜入することに。ミスワタナベは巧みな話術で主婦たちを虜にして、必ず儲かる投資法を書いた本を法外な値段で売りつけていた。さらに、清美が登壇し、体験談を語る。清美は被害者ではなく、ミスワタナベの詐欺に加担しているようだった。
そんな中、明辺はハイジ(福原遥)から、会社を辞めてレンタル救世主になった秘密を彩芽(莉帝)に知られていると聞き…。

引用:レンタル救世主

『レンタル救世主』第5話 あらすじ

これは24時間で起きるある一つの小さな奇跡のお話。
1億円の借金を背負い、会社を辞めてレンタル救世主をしていることを紫乃(稲森いずみ)に理解してもらい、ひと安心の明辺(沢村一樹)。彼は、彩芽(莉帝)の授業参観を翌日に控えていた。

そんな中、「24時間以内に猫舌にしてほしい」という奇妙な依頼人・近藤(賀来賢人)がやってきた。彼は、レタス太郎(泉谷しげる)という芸人の弟子。レタス太郎は、相方のおでん次郎(森下能幸)とコンビを組んでいた。彼らの鉄板ネタは、アツアツのおでんを食べるというものだった。しかし、おでん次郎が亡くなり、レタス太郎はピン芸人に。近藤はずっとレタス太郎に従ってきたのだが、レタス太郎が引退を決意。レタス太郎は最後の舞台にアツアツおでん芸をやると言い、近藤を二代目おでん次郎に指名した。しかし、近藤は、どんなに熱いものでも平気で食べられる体質のため、熱がって笑わせるリアクションができなくて困っているという。試しに煮えたぎったおでんを近藤に食べてもらうと、彼は平然と食べてしまう。誰にも分からないが、彼は真剣に悩んでいた…。
レタス太郎の最後の舞台まで、あと1日。師匠の花道を飾りたいと真剣に悩む近藤に、明辺は同情する。葵(藤井流星)は、師匠のいいなりになっているだけの近藤が気に入らないと言って仕事を拒否。この依頼は、明辺と零子(志田未来)の二人で引き受けることに。

葵は、零子の兄・千太郎(小出恵介)に呼び出される。IT企業の社長を務める千太郎は、零子がレンタル救世主として働いているのを心配していた。葵は千太郎から、零子を自分の会社に連れてきてほしいと頼まれる。報酬を提示された葵は、千太郎の依頼を喜んで引き受ける。
一方、明辺と零子は、猫舌になれる方法がないかと医者を訪ね歩くものの、手がかりが見つからない。レタス太郎最後の舞台の幕が開くまでのタイムリミットが刻一刻と迫る。師匠と弟子の間にはあるウソが隠されていて…。

引用:レンタル救世主

『レンタル救世主』第6話 あらすじ

体調が悪く病院へ行った明辺(沢村一樹)は、そこでハイジ(福原遥)と出会う。しかし、ハイジは明辺の顔を見ると、逃げるように去っていく。ハイジが残していった問診票の自覚症状には“恋の病”と書いていた。

その後、ハイジがレンタル救世主の事務所にやってきた。彼女は、レンタル救世主の力を借りて恋を成就させたいという。ハイジが恋した相手は、彼女が配信するネット動画にコメントを付けていた“Green Mask”という人物。彼に動画をけなされて頭にきたハイジは、罵り返していた。そんなやりとりをするうちに、何でも本音で言い合える間柄になったのだという。二人はネット上だけの関係だったが、ハイジは偶然、カフェで“Green Mask”と顔を合わせる。“Green Mask”は、そのカフェの店員だった。“Green Mask”が超イケメンと知ったハイジは、彼に恋をしてしまった。
なんとか“Green Mask”と付き合いたくて、ハイジはさまざまな恋愛マンガを分析。彼女は、マンガから見出した恋愛の法則に則って、“Green Mask”が自分に告白させるよう仕向けたいと依頼する。

明辺、葵(藤井流星)、零子(志田未来)はハイジとともに、“Green Mask”が働くカフェへ向かう。“Green Mask”の顔を見て、動揺する零子。“Green Mask”は、零子の顔なじみの女装する男性・薫(稲葉友)だった。薫の恋愛対象は男性で、ハイジの思いに応えてくれる可能性はゼロ。明辺たちは、ハイジを傷つけないためにどうすればいいのか、頭を悩ませる。
そんな中、零子は薫から、頼み事をされる。警察署長を務める父親の碧山(神尾佑)に、恋人を紹介しろと言われて困っているので、零子に恋人のフリをしてほしいという。今すぐ一緒に父親に会ってほしいと薫に言われ、困惑する零子。一方、葵とハイジは、零子と薫が親しげに話し合っている様子を覗き見していて…。

引用:レンタル救世主

『レンタル救世主』第7話 あらすじ

明辺(沢村一樹)たちは、いろは(中村アン)に依頼人の待つホテルへ連れて行かれる。依頼人は、いろはの高校時代の同級生・星子(菊地亜美)。市議会議員の彼女は「バーガー村」という市の施設の移転問題で収賄疑惑をかけられ、世間から注目される女性だった。
明辺たちの前で、自分が賄賂を受け取ったことを認める星子。彼女は、逮捕される前に高校時代に所属していたチアリーディング部「ラバーズ」のメンバー7人で会っておきたいという依頼をする。実は、いろはもラバーズの一員で、残りのメンバーは5人。早速、明辺たちは、その5人の女性に連絡して星子の願いを伝える。しかし、なぜか全員に断られてしまう。一方、いろはは、明辺たちと別行動を始め、連絡が取れなくなる。

その後、ラバーズの元メンバーの一人・愛乃(藤井美菜)がオフィスを訪ねてくる。愛乃は、星子の願いを断った理由を明辺たちに語る。
愛乃によると、ラバーズのキャプテンを務める星子は優しくて友達思いで、責任感が強い少女だった。そして、高校時代のいろははクールな雰囲気はみじんもなく、度を越えた天真爛漫さでおかしな行動ばかりしていた。学校で浮いた存在だったいろはに星子が声をかけ、いろははラバーズに加入。ラバーズの7人はいつも一緒で、とても仲が良かった。しかしある日、星子が暴行事件を起こし、そのせいでラバーズの一人・香世子(村川絵梨)がケガを負った。それが原因で、ラバーズは大会に出られなくなった上に廃部。メンバー同士の絆も断たれてしまった。

卒業後、香世子は、すし職人の修行を積み、現在は自分の店を持ったばかり。その店がある商店街は、バーガー村の移転にともない、市が立ち退きを要求していた。市側の担当者は、星子。バーガー村が商店街の敷地に移転すれば、香世子の店も潰されてしまう。愛乃は、なぜ星子が香世子を苦しめるようなことばかりするのか、疑問を抱いていた。
明辺たちは星子の願いをかなえるため、碧山(神尾佑)に星子の逮捕を遅らせてほしいと頼む。すると、碧山は「星子は逮捕されない」と言い出す。バーガー村の収賄疑惑には どうやら、裏があると考えられた。明辺たちは、真実を明らかにしようと調査を始めるが…。

引用:レンタル救世主

『レンタル救世主』第8話 あらすじ

バーガー村移転問題に関わったのをきっかけに、レンタル救世主に世間の注目が集まり、レンタル救世主のオフィスには問い合わせが殺到し、依頼も急増する。
明辺(沢村一樹)は、紫乃(稲森いずみ)に離婚を切り出されて激しく落ち込んでいた。仕事場では何も言わずに明るく振る舞う明辺だったが、レンタル救世主の仲間たちは明辺の異変に気付く。
明辺が帰宅した後、オフィスに明辺の娘・彩芽(莉帝)がやってくる。彩芽は、明辺と紫乃に離婚話が持ち上がっていることを知っていた。レンタル救世主のメンバーは、両親の離婚を止めてほしいという彩芽の依頼を引き受けることに。

そして数日後、オフィスに千太郎(小出恵介)が現れる。レンタル救世主の流行に目を付けた千太郎は、新しいアプリを開発していた。そのアプリは、困っている人が要望やSOSを発信し、それに応えられる誰かが助けてあげるというもの。これが実用化されれば、みんながお互いに助け合うようになり、プロのレンタル救世主は必要なくなる。
千太郎は、レンタル救世主の会社自体を買収し、メンバーには元レンタル救世主として自分の会社の宣伝に協力してもらうと言い出す。さらに、零子(志田未来)が千太郎から会社を引き継いで社長になると聞かされ、驚くレンタル救世主一同。彼らは、レンタル救世主を辞めたくないと主張。黒宇(大杉漣)は、千太郎の申し出をきっぱり断る。

一方、明辺は、紫乃から離婚したい2つの理由を聞かされる。紫乃は、離婚したいのは自分のためであり、明辺のためでもあると言う。離婚を避けたい明辺は、レンタル救世主を辞めると紫乃に告げる。
さらに、かかりつけの医師・金城(堀部圭亮)から、ショッキングな事実を知らされる明辺。彼は、人生最大の危機に立たされる。
そして物語は誰もが想像していなかった衝撃の展開を迎える…!

引用:レンタル救世主

『レンタル救世主』第9話 あらすじ

署名した離婚届を紫乃(稲森いずみ)に預け、家を出た明辺(沢村一樹)。彼は、金城(堀部圭亮)の病院で手術を受けることに。
レンタル救世主を潰そうとする千太郎(小出恵介)と手を組んだ黒宇(大杉漣)の裏切りにより、葵(藤井流星)、ロイ(勝地涼)、いろは(中村アン)が冤罪で逮捕されてしまった。世間でのレンタル救世主のイメージは失墜。零子(志田未来)は葵たちの無実を訴えるが、孤立無援だった。

零子一人になったレンタル救世主のオフィスに、明辺を訪ねて柿本(梶原善)がやってくる。柿本は、明辺に1億円の借金を背負わせた張本人。しかし医者から余命を宣告されたという柿本は、死ぬ前にやりたい5つのことをレンタル救世主に手伝ってほしいと零子に依頼する。
一方、千太郎が開発したレンタル救世主の代替アプリ「ヘルプール」は、大ヒット。ヘルプールを使って、人々に思いやりの精神を広めるという野望を抱く千太郎。彼は会社を零子に譲った後、市長になる計画を着々と進めていた。零子は会社を引き継ぐ条件として、葵たちの釈放と、黒宇がなぜレンタル救世主たちを騙していたのかを説明することを千太郎に要求する。

数日後、葵たちが釈放される。零子が警察まで迎えに行くが、葵たちは零子を裏切り者とみなして冷たい態度を取る。零子は、レンタル救世主のメンバーと黒宇を引き合わせようと考えていた。零子から連絡を受けた明辺もオフィスに駆け付け、レンタル救世主のメンバーが久々に集結する。そこに、黒宇が現れる。黒宇は明辺たちに、レンタル救世主を設立した経緯を明かし、レンタル救世主の役目は終わったと告げるが…。

引用:レンタル救世主

『レンタル救世主』最終回 あらすじ

胃に腫瘍が見つかり、3ヵ月の余命宣告をされた明辺(沢村一樹)。彼は、いろは(中村アン)を呼び出して、紫乃(稲森いずみ)の様子を尋ねる。いろはによると、紫乃は明辺の借金返済のため、彩芽(莉帝)を連れて古いアパートに引っ越したという。自分が死んだら紫乃と彩芽はどうなってしまうのか、明辺は心配でならない。いろはは、明辺がレンタル救世主になった時に入った生命保険のことを思い出す。

いろはによると、その保険は明辺が死んだ場合、紫乃に3億円がおりるようになっているという。ただし、保険金がおりるのは、明辺がレンタル救世主の業務中に死んだ場合だけであり、それ以外の原因の死亡では適用されない。
明辺がこのままガンで死んだとしたら、紫乃に何も残すことができない。明辺は自分の死を無駄にしないよう、レンタル救世主の仕事を再開しようと決意する。しかし、レンタル救世主の代替アプリ「ヘルプール」が普及し、レンタル救世主への依頼は皆無になっていた。
千太郎(小出恵介)は、市長選に立候補。“プチテロリスト”と名乗る犯罪グループが次々とテロ予告を行い、この街には危機が迫っていた。そんな中、千太郎と黒宇(大杉漣)が乗った車の前に、プチテロリストが現れる。彼らは千太郎に向かって「これ以上目立つようなら、出る杭は打つ」と脅迫して去っていく。

プチテロリストの暗殺予告を受けて、千太郎には100人態勢の警備が付けられることに。明辺は黒宇から、千太郎の警備に加わってほしいと頼まれる。レンタル救世主の仕事ができる絶好のチャンスと考えた明辺は、命を落とす覚悟で千太郎の警備を引き受ける。
一方、葵(藤井流星)、零子(志田未来)、ロイ(勝地涼)、いろはは、レンタル救世主のオフィスに集合する。明辺を心配する彼らは、明辺の最後の覚悟に気付き…。

引用:レンタル救世主

ドラマ『レンタル救世主』キャスト情報

明辺悠五(沢村一樹)
元大手商社のサラリーマン。超のつくお人好しで同僚に騙され借金を負い、会社も解雇になった。再就職先を探していたところ、たまたま「レンタル救世主」募集の張り紙を見て救世主に。救世主としての活動名はファイアーレッド。困った人を見捨てられず、全力で依頼者を助けている。

葵伝二郎(藤井流星)
「レンタル救世主」の従業員で、活動名はリミットブルー。自称スポットライト症候群で常にセルフィーを撮っている。ルチャリブレという格闘技が得意で、主に戦闘面で活躍する。

百地零子(志田未来)
資産家の令嬢で、他人に心を開けず「助けて」と言えないタイプ。常に心の内を小声でラップをつぶやいており、あだ名は地蔵ちゃん。ある事件をきかっけに「レンタル救世主」に入社。活動名はラブリーピンク。

秦野いろは(中村アン)
「レンタル救世主」の秘書で、活動名はミスパープル。何を考えているのかわからないミステリアスな性格。

紀伊ロイ(勝地涼)
「レンタル救世主」の従業員で、活動名はスターイエロー。メカニック担当で常に電気屋のような格好をしている。

黒宇幹太(大杉漣)
「レンタル救世主」の社長で、活動名はロックブラック。零子の兄が経営する「イカソリッシュ」の副社長だったが、横領の濡れ衣を着せられ解雇。ボランティアに参加し困っている人を目にし、「レンタル救世主」を作ったと言っているが…。その真意は違うようで…。

明辺紫乃(稲森いずみ)
明辺の妻。明るく心優しい性格で、様子のおかしい明辺を心配していた。借金がわかっても冷静に受け止める頼りになる女性。

明辺彩芽(莉帝)
明辺の娘。作文で父のことを沢山書くなど、優しい父が大好き。

葉石りさ子(福原遥)
葵をレンタル彼氏として依頼した女子高生。あだ名は「ハイジ」

薫(稲葉友)
零子と共に事件に巻き込まれた女装趣味があるゲイの男性。その正体は、実は「レンタル救世主」と関わりがあるようで…。

城崎千太郎(小出恵介)
零子の兄でIT企業「イカソリッシュ」の社長。「レンタル救世主」のあり方に不安を感じているようで…。

葵を演じるジャニーズWEST・藤井流星さんは、ドラマのために実際にプロレスの稽古しアクションシーンの多くを自身で演じています。ワイヤーアクションなども実際に演じており、ファン必見のドラマになっています!

ドラマ『レンタル救世主』スタッフ情報

【脚本】
渡辺雄介

【音楽】
松本晃彦

【演出】
菅原伸太郎、狩山俊輔、鈴木勇馬

【チーフプロデューサー】
伊藤響

【プロデューサー】
福井雄太、難波利昭、岡宅真由美

【制作協力】
AXON

【制作著作】
日本テレビ

ドラマ『レンタル救世主』主題歌

主題歌:「believe believe」JUJU feat. 明辺悠五

JUJUは広島県出身の女性歌手。18歳で渡米しニューヨークでジャズやR&Bなど幅広い音楽を吸収し、2004年「光の中へ」でデビューした実力派シンガーです。「believe believe」はJUJUと『レンタル救世主』の主人公・明辺悠五(沢村一樹)のデュエット曲となっています。

Huluのオススメ作品

Huluで見れる沢村一樹出演作品

希望ヶ丘の人びと

『希望ヶ丘の人びと』は、重松清さんの小説を原作とするテレビドラマ。

沢村一樹さんは、妻をがんで亡くし子供2人を育てるシングルファーザー・田島徹を演じています。

妻の死で心に穴が空いた田島は、妻の育った「希望ヶ丘」に移住し子供達と新しい生活に踏み切ります。そこで母を失った子供と父親が、寂しさや葛藤を乗り越え家族の絆を深める温かなストーリー。

ちょっと頼りない父・田島を、沢村一樹さんが魅力たっぷりに演じています。

偽装の夫婦

『偽装の夫婦』は天海祐希主演のゲイ男性とのラブコメディ。

「理想の女性」と言われているが、実際は人付き合いが苦手な嘉門ヒロ(天海祐希)。彼女が唯一愛したのに逃げられてしまった男性・陽村超治(沢村一樹)と再会し、偽装結婚をするというストーリー。

沢村一樹さんは、ゲイであるためヒロを心から愛することができず逃げ出した過去をもつ陽村を演じています。

その他の沢村一樹出演作

  • 『ザ・ミュージックショウ』
  • 『ごくせん』
  • 『働きマン』
  • 『SCANDAL』
  • 『ナポレオンの村』

など

Huluのオススメサスペンスコメディ

  • 『ドロ刑』
  • 『ランチ合コン探偵』
  • 『メゾン・ド・ポリス』
  • 『奥様は取り扱い注意』
  • 『探偵が早すぎる』

など

\今すぐ見放題動画を無料視聴/

ドラマ『レンタル救世主』Twitterの口コミ


藤井流星くんと沢村一樹さんがカッコイイという声が沢山ありました!

作中ではスーツ姿でビシッと決めた2人や、藤井流星くんの本格アクションを見ることができ眼福です…!

今すぐ『レンタル救世主』が観たくなったら、Huluで全話無料で視聴できます!

\今すぐ見放題動画を無料視聴/

\Huluの解約方法はカンタン!/

Huluの解約手順はこちら

※2週間以内に解約すれば完全無料です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です