ドラマ『ナースのお仕事』の無料動画や見逃し配信!1話~最終回を全話フル視聴【観月ありさ主演ドラマ】

ナースのお仕事

ドラマ『ナースのお仕事』は1996年7月2日(火)夜9時からフジテレビで放送された人気ドラマです!

ドラマ『ナースのお仕事』は、ドジで失敗ばかりの朝倉いずみ(観月ありさ)と、いずみの先輩ナースで指導係の尾崎翔子(松下由樹)を中心に病院を舞台にして繰り広げられる、医療系コメディドラマです!

「あ~さ~く~ら~!」
「せんぱぁ~い!」
観月さんと松下さんのこの掛け合いを懐かしい!と思われる方も多いのではないでしょうか。

最高視聴率22.1%という高視聴率を叩き出した大人気ドラマで、シリーズ化、映画化もされています。

原作はなく、ドラマ『ごくせん』のシリーズや『1リットルの涙』など有名作を多く手掛けた江頭美智留さんが脚本を手掛けたドラマオリジナルストーリーです。

叱られながらも患者さんを想い奮闘するいずみ達。第一話から最終話まで楽しめること間違いなしです!

今すぐ『ナースのお仕事』を観たい方は、動画配信サービスFODプレミアムでご覧いただけます。登録も簡単ですから配信終了する前にサクッと無料視聴しましょう!

\『ナースのお仕事』の動画を今すぐ無料視聴する/

今すぐ無料視聴『ナースのお仕事』見逃し配信

結論:『ナースのお仕事』の動画視聴はFODプレミアムで決まり

『ナースのお仕事』が無料ポイントで視聴できる
\おすすめ動画配信サービス/

配信サービス 配信状況 無料期間と月額 公式サイト
初回2週間無料
976円(税込)
FODプレミアム

\『ナースのお仕事』の動画を今すぐ無料視聴する/

FODプレミアムには初回2週間の無料お試し期間があります。


  • FODプレミアムなら過去の月9ドラマ・RIDE ON TIMEなどの人気番組も視聴できます。
  • 毎月100ポイント、さらに毎月8の付く日に400ポイントが付与され、最新作も視聴可能に!
  • FODオリジナルドラマやバラエティも充実!
  • 100誌以上の人気雑誌の最新号が読み放題!
  • 対象のマンガが無料で読み放題!毎月新ラインナップが!
  • すべての電子書籍に購入額の20%分のポイントが還元されます!
  • 動画配信数は20,000本以上!
本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況はFODプレミアムサイトにてご確認ください。

\FODプレミアムの解約方法はカンタン!/

※2週間以内に解約すれば完全無料です
『ナースのお仕事』の見逃し動画を配信しているVODサイトはFODプレミアムのみです。

ドラマ『ナースのお仕事』はTVerでは配信がありますが、GYAO!での配信はありませんでした。

>>FODプレミアムのメリットや評判はこちら!

配信サービス 配信状況 無料期間
FODプレミアム 2週間無料
U-NEXT × 31日間無料
hulu × 2週間無料
Paravi × 2週間無料
TVer
GYAO! ×

※最新の配信状況は各動画配信サービス会社の公式サイトをご確認ください。

\『ナースのお仕事』の動画を今すぐ無料視聴する/

\FODプレミアムの解約方法はカンタン!/

FODプレミアムの解約手順はこちら

※2週間以内に解約すれば完全無料です

『ナースのお仕事』あらすじ【1話~最終回まで全話】

『ナースのお仕事』第1話あらすじ

カラオケバーでいずみ(観月ありさ)はボーイフレンドの博之(諸星和己)ら仲間たちと盛り上がっていた。いずみの看護学校卒業祝いだ。試験地獄からやっと解放されたいずみはビールをあおり、ハイテンション。が、突然倒れた。
「おじいちゃん!」。叫び声で目がさめたいずみ。気づいた場所は青葉会総合病院緊急処置室だった。
病院看護婦寮でいずみは、同期の中原真保(小島聖)、足立美紀(椋木美羽)と対面。「あんた卒業できたんだ」と言う二人にムッ!。翌朝、スカートの裾を思いっきりあげた白衣を着て病院へ。ナースセンターでは自己紹介が根本婦長(吉行和子)によって進んでいた。いずみの姿をみて「あっ!」と先輩看護婦尾崎翔子(松下由樹)の声。翔子は貧血の処置をしてくれた看護婦だった。スカートの丈を早速注意されるいずみ。外科部長沢田俊介(長塚京三)は「新鮮でいいね」とニヤリ。翔子と組んで仕事をすることになったいずみは、さっそく開腹手術をした森下(石丸謙二郎)の術後の傷口を開くといった大ミスを犯す。落ち込むいずみを博之は励ます。
いずみのドジぶりと明るさは病院中の話題に。そんな中、いずみは突然代打夜勤を命じられ、自分の誕生パーティーに行けなくなる。事情を話そうと博之に電話中、森下が急を知らせるナースコールを押していた。吐血しぐったりする森下。緊急手術が始まった。呆然とするいずみに「私たちの仕事には、許されない失敗があるの」と、翔子のビンタが飛ぶ。

引用:ナースのお仕事

『ナースのお仕事』第2話あらすじ

東京で自由な一人暮らしをしたい一心で、なんとなく看護婦になったいずみ(観月ありさ)だが、ナースコールに気づくのが遅れるような、失敗を連発。ついに「辞めたい」と申し出る。しかし婦長の根本(吉行和子)から「病院から貰った奨学金を一括返済して」と事務的に言われいずみはどうしていいかわからない。
同期の真保(小島聖)や美紀(椋木美羽)は「辞めるんだったらいつでもできる」と、一応はいずみを引き止める。奨学金返済の為の金の工面について先輩の翔子(松下由樹)や博之(諸星和己)に相談するが、どうにもならない。
いずみは金の工面の為に、看護婦キャバクラでアルバイトを始めた。キャバクラで知り合った薫(遊井亮子)は、「バツ一で・・・・・・」と自己紹介。歳も同じで、気の合ういずみと薫。昼の看護に、夜のアルバイト、いずみはへとへと。
ある夜、いずみの前で薫が苦しみ出す。運ばれたのは青葉会総合病院。てきぱきと処置する翔子や外科部長の沢田(長塚京三)。いずみは薫の手を握っていることしかできない。

引用:ナースのお仕事

『ナースのお仕事』第3話あらすじ

翔子(松下由樹)に褒められ看護婦としてちょっぴり自信のついてきたいずみ(観月ありさ)だったが、この日は採血の失敗から始まった。
先輩看護婦が結婚などで辞めた為、その分夜勤が増え休みが減った。翔子や主任の華子(深浦加奈子)、夕子(井上晴美)ら先輩看護婦はブーブーだが、いつものこととあきらめぎみに勤務に就く。いずみたち新人類看護婦たちは、「このままじゃ結婚だってできない」と待遇改善を求め立ち上がる。
人員増、夜勤の減、深夜帰宅時のタクシー代支給などの要求を文書にまとめ、根本婦長(吉行和子)に差し出すいずみ。要望書に対する病院の回答は「前向きに検討」。「ダメということと同じ」と、いずみたちは病棟のラウンジで座り込みのストライキに突入した。が、いつの間にか患者らとトランプなどで遊び始めてしまう。
そこへ、脱線事故による緊急患者が次々運ばれて来た。病院内は緊張に包まれる。いつの間にかいずみたちはストライキを中止し、けが人の手当てを始めていた。
翌日、いずみは院長室に呼ばれた。「きっとストライキの責任をとらされるわよ」と言う先輩看護婦たち。いずみはクビなのか?

引用:ナースのお仕事

『ナースのお仕事』第4話あらすじ

いずみ(観月ありさ)、真保(小島聖)、美紀(椋木美羽)ら新人看護婦が、入院患者の気持ちを理解する研修の一環として、48時間の体験入院をすることになった。パジャマを揃え、お菓子、縫ぐるみなども持ち込み、ルンルン気分のいずみたちだが、翔子(松下由樹)ら先輩看護婦は、普段のウップンを晴らすように患者となった3人に厳しく接する。
動いてはいけないとベットに縛りつけられ、トイレにも行けない。両手両足の自由を奪われ鼻先にとまった蚊を叩くこともできない。地震で博之(諸星和己)が置いていったバラの花瓶が倒れ、水浸しになったいずみはしょげかえる。
個室に老女、小沢八重(南美江)が入院していた。入院しているとはいえ、なんでも自分でする八重は、看護婦にとって手の掛からない理想の患者だった。その八重が手術後、肺炎を併発し苦しみ出した。体験入院が終わりホットしたいずみだが、個室で迷惑をかけまいと一人苦しんでいた八重の姿を看病しながら思い描いた。「理想の看護婦とは」、いずみはまた一つ勉強するのだった、が・・・・・・

引用:ナースのお仕事

『ナースのお仕事』第5話あらすじ

いずみ(観月ありさ)は初めて患者の臨終に立ち会った。「体を清めることなどできない」と戸惑う。
博之(諸星和己)は相変わらず、たこ焼き屋でのアルバイト生活をしている。就職活動のことや龍太郎(岡田浩暉)のことで、いずみと博之は小さないさかいを起こす。沢田(長塚京三)は根本婦長(吉行和子)から見合いを勧められるが、翔子(松下由樹)を気にしてか、きっぱり断る。
若いカメラマンの須藤(榊原利彦)が入院して来た。いずみや真保(小島聖)ら看護婦にカメラを向け写真を撮りまくる。須藤の病気は癌で完治の見込みはなかった。
手術後、須藤を病院の中庭に連れ出し自分がモデルとなり楽しませるいずみ。一方、須藤を愛し始めていた真保は「須藤さんには安静が必要」といずみに食って掛かる。
その須藤が肺炎を併発して急死。真保は大きなショックを受け、寮で自殺未遂を。「看護婦を辞める」と実家に帰ってしまった。翔子に「厳しい仕事だよ、ナースのお仕事は」と論されるいずみ。須藤が残した写真と共にいずみは励ましの手紙を真保に送るのだった。

引用:ナースのお仕事

『ナースのお仕事』第6話あらすじ

翔子(松下由樹)を気にかけつつも、沢田(長塚京三)は、断り切れず見合いをした。
翔子は当てつけのように、中学の同窓会で再会したイベント企画会社を経営している岡村朋也(布川敏和)と付き合い始める。「青年実業家なんてすごいじゃない」などと翔子は同僚らに冷やかされるが、まんざらでもなさそう。沢田はそんな翔子が気になる。沢田と翔子は一時、沢田が翔子にプロポーズしたほど、燃え上がった時期があったのだ。
一方、博之(諸星和己)が龍太郎(岡田浩暉)といずみの仲を誤解しているよう。
いずみ(観月ありさ)は、沢田と翔子が本当はひかれ合っいることを分かっているだけに、感情的にもつれる二人の間に入り、茶めっけたっぷりにふるまい、間をとりもとうとする。
何度かデートを重ねた翔子は岡村に頼まれるまま、二百万円を貸した。しかし岡村はその金を持って行方をくらまし、詐欺容疑で指名手配されてしまう。翔子は大きなショックをうける。いずみはどんな励ましを翔子にあたえるのか、また翔子と沢田の仲は――。

引用:ナースのお仕事

『ナースのお仕事』第7話あらすじ

翔子(松下由樹)が看護婦寮に移って来た。寮でも翔子に朝から怒鳴られ、いずみ(観月ありさ)は「追い出してやる」と心に誓う?のだったが、病院では相変わらず失敗続きで翔子に頭が上がらない。
そんな時、ナース派遣センターから、みどり(西尾まり)が助っ人でやってきた。いずみとみどりは看護学校の同期生。みどりは「あなたが卒業できたんだ?」といずみを“一撃”。包帯の巻き方、看護記録のつけ方などめちゃくちゃないずみに対し、みどりは、華子(深浦加奈子)ら先輩看護婦らが感心するほど、看護業務を完璧にこなす。
いずみが熱を出して病院で倒れた。そんな時、翔子はみどりから待遇のいい病院に移らないかと誘われる。二百万を騙しとられたばかりの翔子は、沢田(長塚京三)の引き止めをよそに、誘いに気持ちが揺らぐ。
自分を可愛がってくれていた患者が急死、それを知ったいずみは熱があるのに通夜に出掛け、再び倒れてしまう。「自分の健康管理もできなくてどうするの」と怒鳴る翔子。「私看護婦の仕事頑張るから、先輩どこにも行かないで」と訴えるいずみに翔子は心を動かされるのだった。

引用:ナースのお仕事

『ナースのお仕事』第8話あらすじ

相変わらず血に弱い龍太郎(岡田浩暉)が、初手術に挑戦。しかし、案の定メスを持って手術台に向かった途端、貧血を起こして倒れてしまう。すっかり自信をなくす龍太郎。また龍太郎の評判はガタ落ち。
博之(諸星和己)が激しい腹痛で病院に運ばれてきた。龍太郎はいずみ(観月ありさ)に気がある、と思い込んでいる博之は、龍太郎を気に入らない。龍太郎に入院を指示される博之。「就職の面接がある」と病院を出て行きたがるが、いずみや翔子(松下由樹)に説得され、結局入院することになる。
初手術に失敗した龍太郎は、沢田(長塚京三)に退職を届け出る。「辞めたら住むところあるの?」引き止められ龍太郎は一応思い止まる。いずみも龍太郎を元気づけようとする。
博之の病状が急変して盲腸になる。龍太郎は手術を命じられるが自信がない。博之も担当が龍太郎では嫌だと言い出す。
いずみは龍太郎から子供のころ、弟を失った辛い思い出を聞かされる。以来、血を見ると貧血を起こすと言う。龍太郎に医師としての自信をもたせよう――。
いずみは龍太郎の手術を受けるよう、博之を懸命に説得する。

引用:ナースのお仕事

『ナースのお仕事』第9話あらすじ

婦長の根本(吉行和子)が人事異動で看護部長になるという話がナースステーションに届いた。婦長のポストが空くという事で、主任の華子(深浦加奈子)は「いよいよ、私が・・・・・・」と期待に胸を躍らせる。急に張り切り出した華子は後輩ナース達に口うるさく指導にあたる。しかしそんなある日、松葉杖をついた患者とぶつかり、華子の足首にヒビが・・・・・・。
四日間の入院生活を余儀なくされる。整形外科のベットが空いていなかった為、外科病棟に入院が決まり、ナース一同はじめ、相部屋の患者たちもガックリ。いろいろと細かい事を言われると分かっているのだ。「こんな大事な時期に怪我するなんて、婦長昇進が見送られるのでは」と危惧する華子だが・・・・・・!

引用:ナースのお仕事

『ナースのお仕事』第10話あらすじ

人気ニュースキャスター桂木浩二(山下真司)が痔の手術のため入院してきた。ファンの華子(深浦加奈子)や翔子(松下由樹)は、そわそわ。いずみ(観月ありさ)は関心がないようで、夕子(井上晴美)は、“新人アナウンサーと不倫”という写真週刊誌を見せ「不倫男はパス」とそっけない。
根本婦長(吉行和子)から「患者のプライバシーは特に秘密に」と注意されるナースたちだが、病院の周囲にマスコミ関係者の姿が見え隠れしはじめると、なにやら一層そわそわ。いずみの言葉が誤解され大きな見出しになって新聞に。桂木の担当が、いずみから夕子に替わった。
夕子は子供のころ父親を亡くしていた。桂木に反感をもっていた夕子だが、桂木の世話をするうち、桂木に“父親”を感じ始めた。
桂木は貧血がひどく「退院許可は出せない」と沢田(長塚京三)。しかし、仕事の予定があるからと桂木は反対を押し切り退院、番組収録中に倒れた。再び病院に運ばれ手術を受けた桂木。手術後ベッドの側に夕子がいた。「桂木さんの世話をしていて、初めて、この仕事が好きだって思えた」といずみに打ち明けるのだった。

引用:ナースのお仕事

『ナースのお仕事』第11話あらすじ

先輩ナースの指導を受けていたいずみ(観月ありさ)と美紀(椋木美羽)が、いよいよ独り立ちすることになった。相変わらず失敗続きのいずみに、翔子(松下由樹)は「大丈夫?」といぶかるが、いずみは「やっと尾崎先輩から離れられる」とノー天気に喜ぶ。
博之(諸星和己)はやっと就職が内定したが、そうなると三年は大阪で修行しなければならない。龍太郎(岡田浩暉)のことも気になり、博之は、いずみの気持ちを確かめたいのだが、なかなかいずみに言い出せずにいた。
いずみが担当した病室に十六歳の雄一(柏原収史)が母親の君子(山本美智子)に付き添われ入院してきた。雄一はしゃべろうとせず、全くいずみに打ち解けない。手術前夜、いずみは食事や水を取らないよう指示をして帰宅したが、君子は「牛乳は禁止されなかった」と雄一に飲ませてしまう。その結果、雄一は嘔吐しはじめ手術は中止。「患者への説明が不十分だからだ」と、いずみは沢田(長塚京三)に怒鳴られた。君子や雄一の信頼を失い、唯一の担当をはずされる。いつも元気印のいずみだが、この危機を乗り切れるのか――。

引用:ナースのお仕事

『ナースのお仕事』第12話あらすじ

いずみ(観月ありさ)が独り立ちしたせいか、翔子(松下由樹)は、何か力が抜けたよう。
そんな時、翔子の高校時代の先生で、今は塾の講師をする片桐(今井雅之)が入院してきた。妻と子供と三人で笑う写真を床頭台に飾る。翔子は片桐に懐かしさを感じる。
博之(諸星和己)は、就職が内定、三年大阪で修行しなければならないことをいずみに伝えた。いずみは「大阪弁話せないもん」と素っ気ない。博之はがっかり。
片桐は癌だった。沢田(長塚京三)は告知せず、胃潰瘍ということで、治療する方針を立てるが片桐は翔子の素振りから自分が癌であることを知ってしまう。仲のよい家族を装っていたが、実は片桐は離婚していた。
癌と知り、「好きに生きる」と暴れ出す片桐。翔子は子供の誠(明石亮太朗)に会わせようとするが、離婚した妻洋子(あめくみちこ)に断られる。いずみは、幼稚園の帰宅時を見計らい、誠を連れてきて片桐に会わせる。再び治療を受ける気になる片桐だったが、洋子が「息子が誘拐された」と警官と共に病院にやってきた。

引用:ナースのお仕事

『ナースのお仕事』最終回あらすじ

片桐(今井雅之)を元気づける為、息子の誠(明石亮太朗)を勝手に病院に連れて来てしまったいずみ(観月ありさ)。喜ぶ片桐の姿を見て、翔子(松下由樹)はいずみに、礼を言う。そこへ、片桐の先妻・洋子(あめくみちこ)が警官を伴ってやって来た。いずみを指して「あの人が、息子を誘拐したんです。早く捕まえて!」と反狂乱。片桐の病室にいた誠の手を引き、いずみを告訴する、と言い放つ。いずみは事情聴取の為にパトカーに乗せられ警察へ。
翔子は、根本(吉行和子)からアメリカの看護研修の為の推薦文を手渡されるが、いずみの事が気になって気がすすまない。
後日、洋子が弁護士の土屋(勝部演之)と共に来院。土屋は、監督不行き届きで、病院にも慰謝料請求の訴訟を起こすつもりだと言う。
翔子はいずみを励ます為に、焼き肉を食べに誘う。飲み過ぎて酔った翔子は、「あんたがクビになったら私も看護婦辞めるかもね」と倒れこむ。そんな翔子を背負って歩くいずみ。
院内で理事会が開かれる。大多数がいずみをクビにするべきだという意見にまとまる。しかし、根本は、「朝倉は人として、看護婦として、恥ずかしいことは、なにひとつやっていない」と言い切り、いずみをクビにするなら自分も辞めると宣言する。いずみは結局、謹慎処分に。再び誠が片桐に会いに来た。洋子には内緒だ。しかし、そこへ厳しい表情の洋子がやって来る。誠を連れて帰ろうとしたその時、片桐が吐血。病院ラウンジのソファに腰掛けて待っている洋子に、翔子は片桐が癌である事を告げ、今までの経緯を説明し、いずみの気持ちだけは判ってやってくれと頼む。翌日、いずみはこれ以上病院に迷惑をかけられないと辞表を提出する。

引用:ナースのお仕事

『ナースのお仕事』キャスト

役名 俳優名 役柄
朝倉いずみ 観月ありさ ミスが絶えないドジナース。そのため先輩ナースの翔子に頻繁に怒られている。しかし患者を想う気持ちは強く、男性患者を中心に人気がある。
尾崎翔子 松下由樹 若葉会総合病院外科ナース。いずみの指導係で、そのドジっぷりに怒鳴ることもしばしば、いつも振り回されている。
根本雅子 吉行和子 若葉会総合病院外科婦長で、若葉会病院の看護師のトップ。厳しい反面部下思いでナース達から信頼を寄せられている。
桜井華子 深浦加奈子 若葉会総合病院外科主任で、真保の指導係。噂話が大好きだが、仕事は完ぺきにこなす。
中原真保 小島聖 いずみの同期。優秀で一生懸命仕事に打ち込んでいる。
足立美紀 椋木美羽 いずみの同期。オシャレ好きの男好きで、指導係の福山によく叱られている。
沢田俊介 長塚京三 若葉会総合病院外科部長。勤務中は厳格でオペの腕前も一流だが、仕事を離れるとユーモラスでお茶目な印象。
水島龍太郎 岡田浩暉 若葉会総合病院外科の研修医で、いずみの恋人。幼少期のトラウマが原因で、血を見ると気を失ってしまう。
三上博之 諸星和己 いずみの幼馴染で、大学4年生。水島の初執刀患者。

観月さんのドジっぷり、そしてそれを叱る松下さんの怒鳴りっぷりがとってもコミカルで印象的です!

そして大ベテラン女優の吉行さんの穏やかかつ厳しい婦長の姿はさすがの一言!正に縁の下の力持ち的役どころにもぜひ注目してみてください!

『ナースのお仕事』スタッフ

職業 名前
脚本 江頭美智留
音楽 鴨宮諒
演出 岩本仁志、樋口徹、林徹
演出補 日比野朗、稲葉正宏
キャスティング 多治見薫
音楽プロデューサー 向井達也
医療監修 中島清隆(恵比寿クリニック)
協力 砧スタジオ、バスク、にっかつ撮影所、聖マリアンナ医科大学・横浜市西部病院、ジャンプ、麻生リース
プロデュース 大賀文子、両沢和幸
プロデュース補 吉川恵美子、仲野尚之
制作著作 フジテレビ

脚本はドラマ『ごくせん』のシリーズや『1リットルの涙』など有名作を多く手掛けた江頭美智留さん。

読売ゴールデンシナリオ賞を受賞されており、『ナースのお仕事』への期待がさらに膨らみます!

『ナースのお仕事』主題歌

  • 主題歌:『PROMISE to PROMISE』観月ありさ

主題歌『PROMISE to PROMISE』を歌っているのは、ドラマ『ナースのお仕事』でいずみ役を演じた観月ありささん。

小室哲哉さんが作詞・作曲を手掛けていて、実際に台本を読んでイメージを膨らませ、曲を書き上げたそうです!

『ナースのお仕事』視聴率

話数 放送日 視聴率
1話 1996年7月2日(火) 16.8
2話 1996年7月9日(火) 16.6
3話 1996年7月16日(火) 14.9
4話 1996年7月23日(火) 14.9
5話 1996年7月30日(火) 16.3
6話 1996年8月6日(火) 18.4
7話 1996年8月13日(火) 14.4
8話 1996年8月20日(火) 17.4
9話 1996年8月27日(火) 16.6
10話 1996年9月3日(火) 19.8
11話 1996年9月10日(火) 18.5
12話 1996年9月17日(火) 16.9
最終回 1996年9月24日(火) 22.1

『ナースのお仕事』Twitterの声


20年以上前に放映されたドラマにも関わらず、いずみと尾崎先輩の掛け合いが印象に残っている方がたくさんいらっしゃいました!

時がたった今でも、根強い人気が伺えるツイートが多く上がっていました。

そして!本放送や再放送を見逃しても、FODプレミアムで無料視聴できます!

\『ナースのお仕事』の動画を今すぐ無料視聴する/

\FODプレミアムの解約方法はカンタン!/

FODプレミアムの解約手順はこちら

※2週間以内に解約すれば完全無料です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です