『刑事ゼロ』1話~最終回の無料動画や再放送2020情報!記憶喪失の理由とは!?

刑事ゼロ

『刑事ゼロ』は2019年1月に放送された、記憶喪失になった刑事・時矢暦彦(沢村一樹)の活躍を描いた刑事ドラマです。

沢村一樹さんが『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』に続き、再び刑事役を演じることで話題になりましたよね。

そこで、こちらでは

  • 『刑事ゼロ』を見逃してしまった!
  • 『刑事ゼロ』をタダで見たい!

という方のために、ドラマ『刑事ゼロ』を無料視聴する方法や、オススメの動画配信サービスをご紹介します!

再放送の予定は?
2020年6月現在、『刑事ゼロ』の地上波での再放送の予定はありません。ですが、動画配信サービス「U-NEXT」なら全話まとめて視聴することができます。

今すぐドラマ『刑事ゼロ』を観たい方は、動画配信サービスU-NEXTで視聴できます!

\今すぐ『刑事ゼロ』を無料視聴する/

今すぐ無料視聴『刑事ゼロ』見逃し配信

ドラマ『刑事ゼロ』を全話無料で見る方法

U-NEXTなどの動画配信サービスには、初回お試し無料の期間があります。その無料お試し期間を利用することで、ドラマ『刑事ゼロ』をタダで見ることができます。

もちろん、お試し期間内に解約すれば料金は一切かかりません。

違約金もかかりませんし、簡単な手続きで解約することもできます。

気に入ったら契約を継続することもできるので、気軽にお試ししちゃいましょう!

ドラマ『刑事ゼロ』を見るならU-NEXTがオススメ!

結論から言うと、『刑事ゼロ』を今すぐ見たい方にはU-NEXTがオススメです。

なぜなら『刑事ゼロ』を無料お試し期間にタダで見れるのはU-NEXTだけ!さらに、『刑事ゼロ スペシャル(2019年)』も追加料金無しで見ることができてお得です。

また、U-NEXTは無料お試し期間が31日と長いので、ゆっくりとサービスを試したりドラマを楽しむこともできます。

しかも、お試し期間だけでは見きれないくらいコンテンツが豊富。新作もどんどん追加されるので、無料期間だけで終わるのはもったいない動画配信サービスです!

刑事ゼロを無料視聴できる
\おすすめ動画配信サービス/

配信サービス 配信状況 無料期間と月額 公式サイト
31日間
2189円(税込)
U-NEXT

\今すぐ『刑事ゼロ』を無料視聴する/

U-NEXTには31日間の無料お試し期間があります。


  • U-NEXTは無料見放題の動画が約9万本と、国内最大級の動画配信サービス!
  • 国内ドラマ、アニメ、バラエティー、海外ドラマなどバラエティ豊かなラインナップ!
  • 無料登録で600ポイント、その後毎月1200円分のポイントがもらえる!
  • 漫画や雑誌などの電子書籍も、もらったポイントで購読できる!

>>U-NEXTのメリットと評判はこちら!

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

\U-NEXTの解約方法はカンタン!/

※31日以内に解約すれば完全無料です

ドラマ『刑事ゼロ』を見れる動画配信サービス一覧

2020年6月現在、ドラマ『刑事ゼロ』を見れる主要な動画配信サービスはU-NEXTGYAO!のみとなっています。ただし、GYAO!は1話330円(税込)でのレンタル配信のため無料で見ることはできません。

>>U-NEXTのメリットと評判はこちら!

配信サービス 配信状況 無料期間
U-NEXT 1ヵ月間無料
FODプレミアム × 2週間無料
hulu × 2週間無料
Paravi × 2週間無料
TVer × 放送後1週間
GYAO! 放送後1週間

※最新の配信状況は各動画配信サービス会社の公式サイトをご確認ください。

\今すぐ『刑事ゼロ』を無料視聴する/

\U-NEXTの解約方法はカンタン!/

U-NEXTの解約手順はこちら

※31日以内に解約すれば完全無料です

ドラマ『刑事ゼロ』作品紹介

ドラマ『刑事ゼロ』概要

『刑事ゼロ』は、記憶喪失になった刑事・時矢暦彦(沢村一樹)が相棒・佐相智佳(瀧本美織)と共に難事件を解決する刑事ドラマ。

「京都府警に時矢あり」と言われた刑事・時矢。しかし、捜査中の事故で刑事としての20年分の記憶を失い、性格までだらしなく変わってしまい大ピンチに。

そんな刑事1年生状態の時矢が、相棒・佐相とともに“鋭い嗅覚”と”ひらめき”で難事件を解決していくドタバタストーリー。

時矢の予想外な活躍が痛快でおもしろい『刑事ゼロ』。第1話から最終回まで、時矢のお茶目な言動と記憶の行方に注目です。

ドラマ『刑事ゼロ』あらすじ(全10話+スペシャル)

『刑事ゼロ』第1話あらすじ

京都府警捜査一課刑事・時矢暦彦(沢村一樹)は“京都府警に時矢あり”といわれるほど優秀な刑事。だが、容疑者・能見冬馬(高橋光臣)を追跡中、廃工場の貯水プールに転落。病室で目を覚ましたとき、なんと刑事拝命以来の20年間の記憶を失っていることに気づく…!

時矢は見舞いにやって来た元相棒・福知市郎(寺島進)のことを暴力団関係者と誤解するばかりか、新たにコンビを組むよう命じられた新人女性刑事・佐相智佳(瀧本美織)から、深夜に女性府議会議員・椎名蒼が刺殺されたことを聞いてビビりまくり。その遺留品を見せられても、まるでピンとこない。

記憶喪失のことを周囲に打ち明ける間もないまま、新たに発生した殺人事件の初動捜査に当たることになった時矢。被害者のフリーライター・今宮賢は公園の鉄棒に吊るされていた挙げ句、鉄棒と遺体の前面には色付きの粘着テープが奇妙な形で貼られていた。このテープが示す図は、犯人からのメッセージなのか!? メッセージといえば、府議会議員殺害現場にもアルファベットなのか記号なのかわからない血文字が残されていたが、有名な府議会議員としがないフリーライターの間に接点があるとは到底思えない…。

ところが、粘着テープに顔を近づけた時矢は、「同じ匂いがする…!」と、驚愕の一言を発する。実は、失った記憶の代わりに鋭い嗅覚など研ぎ澄まされた五感が備わった時矢は、そこに議員殺害現場の遺留品と共通する匂いを嗅ぎ取ったのだ。

敏腕刑事と周囲には思われている時矢のつぶやきがきっかけとなって、あれよあれよという間に合同捜査本部が設立されることになったが、2つの事件が同一犯による連続殺人であるという根拠はほかに何も見当たらず、捜査は難航。時矢の立場は、本部内で微妙なものに…。

そんな中、時矢は2つの事件に残された図形が香りを聞き分ける遊び、“組香(くみこう)”に関係しているのではないかと直感。調べを進めるうち、事件の周辺に高名な小説家・鳴島恭三(小林稔侍)の影がちらついてくるが、その矢先、第三の事件が起きて…!?

引用:刑事ゼロ

『刑事ゼロ』第2話あらすじ

かつては敏腕でスマート、現在は“記憶ゼロ状態”になってしまった京都府警捜査一課刑事・時矢暦彦(沢村一樹)は、別れた妻で弁護士の奥畑記子(財前直見)から、いきなりある書類を渡される。そこには、7年前に時矢が逮捕した犯人には冤罪の可能性があるとして、近々仮釈放されるのに合わせて再審請求の準備をしていると記されてあった。しかし、刑事拝命以来の20年間の記憶を失った時矢は元妻との出会いも別れも覚えておらず、もちろん7年前のこともすっかり頭から消え去っていた…。

コンビを組んだ新人刑事・佐相智佳(瀧本美織)によると、7年前の事件とはファイナンス会社社長・逢沢省三(剣持直明)が自身の別荘の階段から転落死したというもので、時矢は別荘を設計した建築士・芹野泰夫(中村靖日)が突き落としたとして逮捕したようだった。

刑務所に出向き接見した時矢に対し、芹野は「真実はすべて僕の記憶の中にある。刑事さんがたどり着いた結論だけが唯一の真実ではない」と、まっすぐな眼差しで語り掛ける。

もしかしたら自分が冤罪を生んだのかもしれない…。そう考えた時矢は、智佳と共に再捜査を開始。現場となった別荘は当時、密室状態だったが、再訪したところ、隣の別荘に住む出版社社長・円城明日香(いしのようこ)から意外な真実を告げられて…⁉

はたして7年前の事件は冤罪だったのか、それとも…!? かつての自分が解き明かせなかった密室殺人の真相に、記憶ゼロの時矢が挑む! そしてついに芹野が仮釈放されるが…!?

引用:刑事ゼロ

『刑事ゼロ』第3話あらすじ

京都市内の地下駐車場で、1億円の現金が強奪される事件が発生した。被害者は、貴金属買取チェーンの会長・夏富輝一郎(竜雷太)。海外バイヤーとの取引のため現場を訪れたところ、買い取り資金として用意してきた1億円を、バイクに乗った男に強奪されたという。

捜査をはじめた京都府警捜査一課刑事・時矢暦彦(沢村一樹)と新人刑事・佐相智佳(瀧本美織)は、輝一郎の娘婿・武臣(佐伯新)から昨夜、奇妙な電話がかかってきたことを聞き出す。「身代金は受け取った。誘拐した息子は解放する」という内容だったが、武臣と妻・紗輝子(中原果南)のひとり息子で高校生の輝(中島凱斗)には何事もなく、いたずら電話かと思っていたという。

しかし、もっと奇妙なことが起きる。夏富家の郵便受けに1枚の1万円札が投函され、そこに「現金1億円を夏富会長に持たせて駐車場まで来い」というメモと数本の縮れた毛髪が挟まれていたのだ。科捜研で鑑定したところ、その毛髪はアジア系男性のもので、夏富家の誰とも一致せず、ますますわけがわからない。

ところが、衝撃の事実が判明する――! なんと郵便受けに入っていた1万円札はその日の朝、強奪された1億円の中の1枚だったのだ。それを聞いた時矢は、誘拐から身代金要求、人質解放へと続く通常の誘拐とはまったく逆の流れで一連の出来事が起きていることを直感。つまり、誘拐事件はこれから起きるのではないか、と推理するが…!? “超絶逆回転誘拐事件”――はたしてその真相は…!?

引用:刑事ゼロ

『刑事ゼロ』第4話あらすじ

深夜、京都市内の中古品買取店で、時価500万円の純金の延べ棒が盗まれる事件が起きた。事件当夜、偶然店の前を通りかかり、怪しい男を見かけた時矢暦彦(沢村一樹)は捜査の行方が気にかかる。

店長・高沢真浩(弓削智久)から防犯カメラが作動していたことを聞き、時矢も佐相智佳(瀧本美織)も安心するが、そこへ現れたのはサイバー犯罪対策室の主任・但馬正樹(野間口徹)。但馬は、時矢たちにこれは単純な窃盗事件ではない、と言い放つ。

但馬にうながされ、防犯カメラ映像を確認すると、金の延べ棒が空中を浮遊して画面から消える映像が残されていた。まさに“透明人間”の犯行のように見える映像に、時矢と智佳は驚くばかり。実は、この店が警備会社から導入している防犯カメラは、年齢や性別などの条件を設定すれば、その条件に合致する客を映像から消すことが可能なものだった。つまり犯人は警備会社のシステムに外部からハッキングし、自らが映らないように条件を設定。同時に通用口のロックや非常ベルを解除して店内に入り、堂々と延べ棒を盗み出したのだ。但馬は前代未聞のハッキングによるサイバー犯罪と位置づけ、13係も捜査に参加することになった。

この防犯カメラ映像解析ソフトの開発者でもある警備会社社員・北浦菜月(西原亜希)も全面協力を申し出るが、その矢先、店で高沢が殺害される事態が発生して…!? また、時矢はまったく覚えていなかったが、3年前、一時だけ13係で時矢とコンビを組んでいた但馬は、なぜか時矢に強い恨みを持っているようで…!?

引用:刑事ゼロ

『刑事ゼロ』第5話あらすじ

京都府警捜査一課刑事・時矢暦彦(沢村一樹)はコンビを組む刑事、佐相智佳(瀧本美織)を連れて、京都の山奥にひっそりとたたずむ“八咫神村”に足を踏み入れた。八咫神村は、“神様が棲む”といわれる村…。そこで転落死亡事故が起きたと聞き、興味を抱いたのだ。やる気満々な時矢刑事に対し智佳は、「記憶を失う前の時矢刑事なら考えられない」ことと呆れるが…。

崖の上から転落死したのは村役場の職員・浅木浩太郎(大高洋夫)で、第一発見者は村の住人・小野千秋(大後寿々花)と羽山敬太(尾上寛之)。所轄署は、足を滑らせて落下したものと断定。事件性はないと判断するが、村長の森幸介(佐戸井けん太)は「八咫神様の天罰が下った!」と叫び、村は騒然となる。

八咫神とはこの村に古くから伝わる鳥の神様で、村人たちは代々、八咫神様が崖の上に建つ鳥居の上から村を見守ってくれている、と信じてきたという。森村長によると、500年前、村の乗っ取りを企んだ野武士が突然、苦悶しながら鳥居に向かって走り出し、まるで鳥のように崖から飛び降りたという伝説が村ではまことしやかに伝えられており、伝説どおりのことが村では度々起きていると打ち明ける。1年前にも村の消防団長だった飯田透(太田雅之)が村を裏切るような怪しげな行動を取りはじめた矢先、同じ崖から転落死したらしく、村長は天罰としか思えないと断言する。時矢は、ますますこの事件が気になってしまうが…!?

その頃、時矢をライバル視する同僚刑事・福知市郎(寺島進)は、時矢の鼻を明かそうと、未解決事件の再捜査を開始。半年前、身元不明の女性が殺害された事件を改めて調べはじめたところ、八咫神村と意外なつながりが…!?さらに村では第二の事件が起こり…!?

引用:刑事ゼロ

『刑事ゼロ』第6話あらすじ

進学校として有名な私立中学の校長・須藤公彦(阪田マサノブ)の刺殺体が、雑居ビルの屋上で発見された。事件直後、犯人と思われる女(森口瑤子)が屋上から飛び降り自殺を図ったが、段ボールがクッションとなったため奇跡的に軽傷だった。遺体に突き刺さったままのナイフにはその女の指紋が付着しており、傷痕の状態から被害者に強い恨みを抱いていたことがうかがわれた。

ところが、取り調べを受ける彼女の様子を見た時矢暦彦(沢村一樹)は、衝撃を受ける――。なんと容疑者の女は事件のショックから記憶を失ってしまったらしく、自らの名前さえ覚えていなかったのだ…!

DNAや指紋のデータベースには該当者が見当たらず、女の素性すらわからない上、被害者との接点も不明――。“すべてが謎の女”に困惑した福知市郎(寺島進)らは、状況証拠は彼女の犯行を裏付けているのだから、さっさと送検して終わりにしようと言い出す。

しかし、同じく刑事拝命以来20年間の記憶を失くしている時矢は自らの状況を重ね合わせ、「彼女の記憶が戻らない限り、真相はわからない」と主張。「これは自分が解くべき事件だ」と心に決め、新人刑事・佐相智佳(瀧本美織)と共に彼女の記憶のかけらをつなぎ合わせるべく奔走するが――すると、その女は、弁護士、記者などいくつもの名刺を使い分けていたことが分かる!はたして謎の女は正体とは…!? 時矢がたどり着いた、驚くべき真相とは…!?

引用:刑事ゼロ

『刑事ゼロ』第7話あらすじ

記憶を失う前とは打って変わってズボラな性格になった時矢暦彦(沢村一樹)を、佐相智佳(瀧本美織)は見かねて注意。そんな智佳に時矢は反発し、2人はケンカになってしまう。そこへ、“月影カレン”という女性が何者かに連れ去られたという知らせが入り、智佳は時矢を置いて内海念也(横山だいすけ)と現場に急行する。

そんな中、警視庁捜査一課の山之辺裕作刑事(阿部進之介)が時矢を訪ねてきた。山之辺によると、2日前に東京、京都、仙台で発生した同時自殺事件が、以前時矢と共に捜査に当たった事件と酷似しているという。
それは3年前の冬、全国で7人の女性が同日同時刻に自殺を図った事件で、いずれの現場にもイギリスの詩人、ウィリアム・ブレイクの詩集『無垢の予兆』が残されていたという。やがて、自殺者たちが失恋者専用のサイトにアクセスしていた事実が発覚。“セブン”と名乗るサイト管理人・川上昇(亀山貴也)が言葉巧みに自殺をほう助していたことが判明したものの、彼は逮捕直前に服毒自殺。事件は被疑者死亡で幕引きとなったはずだった…。

ところがつい2日前、またしても3人の女性が同時自殺を図り、現場に『無垢の予兆』が残されていたという。かねてから真犯人は別にいると考えていた山之辺は、3年前、同意見だった時矢に協力を依頼。時矢は、右腕の智佳がいないまま、捜査に乗り出す。
一方、連れ去り事件の捜査を開始した智佳は、被害者は女性ではなく、“Vチューバー”の田所健三(須藤公一)だと知って驚く。田所は“月影カレン”というキャラクターになりきって動画配信を行っていたのだ。智佳は、彼の自宅で認知心理学者・兵藤幸雄(石橋蓮司)の写真を見かけるが…!?

引用:刑事ゼロ

『刑事ゼロ』第8話あらすじ

精密ガラスメーカーを定年退職したばかりの元専務取締役・三宅鎮男(篠塚勝)が自宅で殺害され、元部下の金戸直実(小倉久寛)が逮捕された。驚いたことに金戸は、時矢暦彦(沢村一樹)とバディを組む新人刑事・佐相智佳(瀧本美織)の実の父親だった…!

捜査から外された智佳の代わりに、時矢は福知市郎(寺島進)と組んで調べを開始。金戸は事件当夜、7時に三宅の自宅に呼ばれていたが、直前になって近所のスポーツバーで待っていてくれとメールが届いたと主張。ところが9時まで待っても三宅が現れなかったため自宅を訪ねたところ、すでに殺されていたと話す。

金戸はスポーツバーで相席になった女性がいると打ち明けるが、事件の夜、バーは大混雑しており、店員は誰ひとり金戸や女性のことも覚えていなかった。もし、金戸のアリバイを証明してくれる女性が見つからず、金戸が殺人罪で起訴されれば、その娘である智佳も刑事をやめなければならないだろう…。時矢は智佳を救うために、正体不明の謎の美女探しに奔走する。

そんな中、金戸は17年前、被害者の部下だった時代に機密流出に関与したとして会社から告発され、退職を余儀なくされた過去があると判明。そのため、智佳の母で京都地検の公判検事・貴和子(かとうかず子)とも離婚し、妻子とは離れて暮らしてきたらしい。貴和子は冷徹な検事として有名で、金戸の無実を信じる時矢に対しても、先入観を持って捜査をするな、とクールに言い放つ。

その矢先、智佳のもとに、時矢の別れた妻で弁護士の奥畑記子(財前直見)が訪ねてくる。果たしてその目的とは…?送検までのタイムリミットが迫る中、はたして時矢は謎の美女を見つけて、金戸の無実を証明することができるのか…!? そして、智佳のピンチを救うことができるのか…!?

引用:刑事ゼロ

『刑事ゼロ』第9話あらすじ

別れた妻で敏腕弁護士の奥畑記子(財前直見)に記憶喪失であることがバレ、1週間以内に職を辞するよう言われた時矢暦彦(沢村一樹)は、すぐにでも記憶を取り戻そうと、開業医の叔父・生田目守雄(武田鉄矢)から退行催眠療法を受ける。だが、追跡中の容疑者に殺されそうになったことが強いショックとなっているようで、うまくいかない。

そんな中、河川敷で女性の変死体が見つかったという知らせが入る。被害者は手足を縛られ、周囲にまいた灯油に火をつけられるという残忍な手口で殺害されていた。しかも、頭上にはキューピッドの人形、足元には男女の別の人形が置かれているなど、タロットの第6番カード『恋人』の図柄が再現されていた…!

実は昨年、今回と同様にタロットカードの図柄を模した猟奇殺人が3件発生し、記憶を失う直前の時矢が容疑者を逮捕していた。その容疑者こそ、時矢を殺害しようとした能見冬馬(高橋光臣)――つまり時矢の記憶喪失を引き起こした男だった。能見が殺害した3人の被害者は、過去に何らかの形で殺人に関与していたものの結果的に罪に問われなかった、という共通点があり、調べたところ、今回の被害者も夫を焼死させた容疑で逮捕されながらも保釈されていたことが判明。だが、能見は逮捕後に素直に犯行を認めて送検され、現在、勾留中。ということは、今回女性を殺害したのは模倣犯なのか…!?

手がかりを求め、時矢は新人刑事・佐相智佳(瀧本美織)とともに、能見が勤めていたインターネットニュース配信社を訪ねるが、その矢先、勾留中のはずの能見から奇妙なメールが届いて…!?さらに手がかりを求めて、時矢と智佳は、犯罪心理学の権威・藤林経子教授(南果歩)に会いにいくことになるが…!?

引用:刑事ゼロ

『刑事ゼロ』最終回あらすじ

3件の猟奇殺人で世間を震撼させた能見冬馬(高橋光臣)と同じく、タロットカードの図柄を再現する手口で2件の殺人に走ったネットニュース記者・外山直澄(粟島瑞丸)が、自殺――。時矢暦彦(沢村一樹)らが家宅捜索を行ったところ、外山は「これまでの5件の殺人はすべて自分ひとりの犯行で、能見に罪を着せた」とする遺書を自宅のパソコンに残していたことが発覚する。もし遺書の内容どおり、5件の猟奇殺人が外山の単独犯行だとすれば、時矢が逮捕した能見は無実ということになってしまう…。13係に動揺が走る…。

そんな13係に追い打ちをかけるように、衝撃の事態が発生。なんと外山の遺書がネットニュースに晒されたのだ! その直前、13係長の根本留夫(渡辺いっけい)が記者会見で遺書の存在を否定していたため、京都府警には非難が集中。能見は処分保留で釈放されることになってしまう。時矢は記憶を失う直前、能見が自分に告げた言葉を思い出せば、彼が何をしようとしているかわかるはずだと考えるが、なかなか記憶はよみがえらず、焦るばかりだ…。

そんな中、能見を勾留していた留置場の看守・草場友喜(今野浩喜)からの連絡をきっかけに、時矢は能見が6件目の殺人を予告していることを察知。いったいタロットになぞらえた一連の殺人はいつまで続くのか…!? しかも、13係の無期限謹慎、時矢に殺人容疑が降りかかるなど次々と危機が襲いかかるが…!?

ついに最終話! 記憶ゼロの刑事・時矢は失われた20年を取り戻し、一連の事件の謎を解明することができるのか…!?  タロット連続殺人の真の黒幕とは、はたして…!?

引用:刑事ゼロ

『刑事ゼロ スペシャル』あらすじ

時矢暦彦(沢村一樹)、佐相智佳(瀧本美織)ら京都府警捜査一課13係のメンバーは、毎年恒例の慰安旅行に出発。今年はミステリーツアーという趣向で、行き先も知らされず連れていかれたのは、神戸・六甲山の頂上近くにあるホテルだった。

しかし、大きな宿であるにもかかわらず、宿泊客は13係の面々のほか6人の客一組のみ。しかもこの6人、どこかよそよそしい。訝しく感じた時矢が彼らに事情を聞いたところ、6人はこの日会ったばかりだと明かす。彼らはそれぞれ、7年前この近くで亡くなった女子大生・黒江ミチルの知人で、精神科医の曽根和海(大東駿介)、モデルの明石舞衣(おのののか)、イベント会社専務・安西樹貴(波岡一喜)、フリーライター・宮浦逸夫(長谷川朝晴)、塾講師・笠木塔子(宮地真緒)、フラワーショップ店長・萩村重一(永島敏行)ら素性もバラバラ。彼らは全員、ホテルへの謎の招待状を受け取り、やって来たのだという。

実は7年前、このホテルに宿泊していたIT企業社長が近くの森で殺害される事件が発生。そして翌日、ホテル裏にある薪小屋から火の手が上がり、焼け跡からミチルの遺体が発見されたのだ。当初、2件とも逃走中の強盗殺人犯の仕業と思われていたが、被害者の社長の妻が真犯人と判明。その妻は財産目当てで夫を殺害しただけでなく、偶然、同じホテルに泊まっていたミチルにウソのアリバイを見抜かれたと思い込み、殺害に至ったらしい…。

翌朝、13係一行はホテルを出て温泉に向かうが、佐相が発熱。佐相がいないと記憶喪失がバレてしまうと怯えた時矢も、宿に残ることに。ところがその直後、何者かがホテルから街に通じる1本道のトンネルを破壊し通行不可能に! アンテナや電話回線も遮断され、通信手段が使えなくなってしまった。つまり山を下りることも、助けを求めることもできない“陸の孤島”と化した館に、時矢、佐相、6人の客は閉じ込められてしまったのだ…!

直後、近くにある観光スポット“永遠の愛の鐘”につるされた舞衣の死体が見つかり、一同は驚愕! その後も、閉ざされたホテルの敷地内で殺人事件が起きて…!? やがて時矢自身にも危機が迫り、そのことがきっかけで、失われた20年の記憶が戻ることに…!?

引用:刑事ゼロ

ドラマ『刑事ゼロ』キャスト情報

時矢暦彦(沢村一樹)
京都府警 捜査一課13係刑事。階級は警部補。「京都府警に時矢あり」と言われた名刑事だったが、捜査中の転落事故で記憶喪失になってしまう。刑事としての20年分の記憶を失い、性格もちゃらんぽらんでだらしなく変わってしまった。しかし、新たに鋭い嗅覚や瞬間記憶を身に着け、独自の着眼点やひらめきで事件を解決に導いていく。

佐相智佳(瀧本美織)
京都府警 捜査一課13係の新人刑事。階級は巡査部長で時矢の相棒。記憶を失う前の時矢を尊敬しており、独自に時矢の過去の事件を研究していた。時矢が記憶を失っていることに気づき、研究成果を活かして時矢のサポート役をこなしている。

福知市郎(寺島進)
京都府警 捜査一課13係刑事。階級は警部補。以前は時矢とコンビを組んでいたが、一方的に時矢にライバル心を抱いている。ことあるごとに時矢の失態を望んでいるが、面倒見が良く時矢のことも認めてはいる。そのためか、時矢のフォローをすることもある。

内海念也(横山だいすけ)
京都府警 捜査一課13係刑事。階級は巡査部長で、現在は福知の相棒。インテリ風の見た目だが体力があり、人使いの荒い福知に日々こき使われ走り回っている。福知の極端なライバル心にはかなり引いている。

背川葉奈(猫背椿)
京都府警本部・鑑識課第6係。時矢の大ファンで、「ダーリン」と呼ぶなど明るく憎めないタイプの女性。基本的に時矢の頼みなら何でもきいてくれ、仕事もできる敏腕鑑識。

根本留夫(渡辺いっけい)
京都府警 捜査一課13係係長。階級は警部。日和見主義でことなかれ主義なせいか、自由で個性的な13係にたじたじ。しかし、いざという時には事件解決のために自分が責任を取ると豪語するなど熱い一面も持っている。

奥畑記子(財前直見)
時矢の元妻で弁護士。時矢が担当した7年前の事件の弁護をしたことが縁で結婚したが、離婚の原因は謎。仕事には真摯でキツイ態度を取ることも多いが、根は優しい。

生田目守雄(武田鉄矢)
時矢の叔父で生田目診療所の院長をつとめる医師。時矢に記憶喪失の診断を下し、その後もアドバイスを続けている。離婚し家を失った時矢を、診療所の2階に居候させている。

能見冬馬(高橋光臣)
連続殺人の容疑者。時矢をビルの上から突き落とし、記憶喪失の原因を作った男。逮捕後にこの男が犯したとれる殺人と全く同じ手口の殺人が起き…。

時矢を演じる沢村一樹さんは、2018年放送の『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』でも敏腕刑事・井沢範人を演じたばかり。『刑事ゼロ』ではよりカジュアルな刑事姿を見ることができ、時には可愛い毛糸の手袋をしていたりと、ファン必見のドラマになっています。

ドラマ『刑事ゼロ』スタッフ情報

【脚本】
戸田山雅司、徳永友一、下亜友美、及川拓郎

【ゼネラルプロデューサー】
横地郁英(テレビ朝日)

【プロデューサー】
川島誠史(テレビ朝日)、和佐野健一(東映)、望月卓(東映)

【音楽】
横山克、Evan Call

【監督】
及川拓郎、田村直己(テレビ朝日)、兼﨑涼介

【制作】
テレビ朝日、東映

ドラマ『刑事ゼロ』主題歌

主題歌:「I don’t know」THE YELLOW MONKEY

THE YELLOW MONKEYは男性四人組のロックバンド。「I don’t know」は刑事ゼロのために書き下ろされた新曲で、2019年に発売された19年ぶりのオリジナル・アルバム「9999」に収録されています。

U-NEXTのオススメドラマ

U-NEXTで見れる沢村一樹出演作

沢村一樹主演『DOCTORS1~3』

『DOCTORS 最強の名医』は、沢村一樹主演の医療ドラマシリーズ。

沢村一樹さんが演じるのは、「患者を救うためなら手段を選ばない」天才外科医・相良浩介。患者には優しく親身に接する一方で、欲や怠慢にまみれた医療関係者には脅迫まがいまでする潔癖な医師。

そんなスーパードクターが、赤字経営な上に職業意識の低い病院に赴任!

超強引な手段で病院の意識改革に取り組む、異色の医療ドラマです。

沢村一樹主演『希望ヶ丘の人びと』

『希望ヶ丘の人々』は、重松清さんの小説を原作とするテレビドラマ。

沢村一樹さんは、妻をがんで亡くし子供2人を育てるシングルファーザー・田島徹を演じています。

妻の死で心に穴が空いた田島は、妻の育った「希望ヶ丘」に移住し子供達と新しい生活に踏み切ります。そこで母を失った子供と父親が、寂しさや葛藤を乗り越え家族の絆を深める温かなストーリー。

ちょっと頼りない父・田島を、沢村一樹さんが魅力たっぷりに演じています。

沢村一樹出演『ひよっこ』(有料)

『ひよっこ』は2017年のNHK連続テレビ小説。

1964年東京オリンピック前後の、激動の時代に翻弄される主人公・みね子(有村架純)の成長を描いたドラマです。

出稼ぎにいった父が行方不明、集団就職で上京するも会社は倒産…。と波乱万丈な生活の中で、みね子が数々の困難を乗り越えて強く生きる姿が描かれています。

沢村一樹さんは、記憶喪失の男性(実はみね子の父)役で出演。『刑事ゼロ』と同じ記憶喪失の人物を演じています。

『ひよっこ』はNHKオンデマンド作品で、1話ごとの課金または別途NHKまるごと見放題パック月額990円(税込)の加入が必要な作品です。NHKまるごと見放題パックは、正式契約後に毎月もらえる1200円分の無料ポイントで支払うことができます。

その他の出演作

  • 『篤姫』(有料/NHKオンデマンド)
  • 『CHIEF 警視庁IR分析室』主演
  • 『未解決の女 警視庁文書捜査官』
  • 『アガサ・クリスティ 予告殺人』主演
  • 『劇場版 おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜』(有料)

U-NEXTのオススメ刑事ドラマ

  • 『SPEC』シリーズ
  • 『MOZU』
  • 『緊急取調室』シリーズ
  • 『ダブルフェイス』
  • 『ケイゾク』
  • 『アンフェア』
  • 『遺留捜査』シリーズ

など

\今すぐ『刑事ゼロ』を無料視聴する/

ドラマ『刑事ゼロ』Twitterの口コミ


沢村一樹さんがかっこいいという声が沢山ありました!

とても52歳と思えない体型で、刑事姿がビシッときまっていてかっこいいですよね。『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』とはまた違う、カジュアルな刑事姿が堪能できます。

今すぐ『刑事ゼロ』が観たくなったら、U-NEXTなら全話無料で視聴可能!下のリンクからなら登録も簡単でオススメ!

\今すぐ『刑事ゼロ』を無料視聴する/

\U-NEXTの解約方法はカンタン!/

U-NEXTの解約手順はこちら

※31日以内に解約すれば完全無料です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です